汗ジミにも効果が高いオキシ漬け!

黄ばみが恐ろしいほど取れる!汗ジミにも効果が高いオキシ漬け!

 オキシクリーンは元々洗濯用洗剤ですから、洗濯物の浸け置き洗いにはもってこいです。

 

洗濯物のオキシ漬けのやり方(概要)

 オキシクリーン付属のスプーン1〜2杯分を4Lのお湯(40〜50℃)に溶かし、1時間以上漬け置きます。
 過炭酸ナトリウムの場合は3Lに対し30gになります。

 

オキシクリーンはどれを選べばいい?

 洗濯物の汚れはシンクの汚れと違い、カビなどが原因で油汚れはありませんので、中国製のオキシクリーンでも、過炭酸ナトリウムでも可能です。

 

洗濯槽のオキシ漬けに必要なもの

・オキシクリーン(中国製、アメリカ製でも可。過炭酸ナトリウムでも可)
・40℃以上のお湯(風呂の残り湯でもOK)

 

洗濯物のオキシ漬けのやり方(詳細)

タライや桶などにお湯を入れる

 タライなどにお湯を入れます。お風呂の残り湯でもオキシ漬けは可能です。

 

オキシクリーンをお湯に溶かす

 分量のオキシクリーンをお湯に溶かします。50℃のお湯を用いる際は火傷に注意して下さい。

 

洗濯物をオキシ漬けする

 洗濯物を1時間以上浸けて置きます。

 

頑固な汚れの場合にはブラシで洗う・もみ洗いも可

 頑固な汚れの場合にはもみ洗いやブラシで洗うのも効果的です。

 

洗濯機に投入

 特にすすぐことなく、他のものと一緒に洗濯機に入れて問題ありません。余分にオキシクリーンを入れるあ、通常の洗濯用洗剤を投入し、通常通り洗濯します。

 

洗濯物のオキシ漬けの結果は?

【オキシ漬け】洗濯物before

【オキシ漬け】洗濯物after

 主人のYシャツですが、結婚前からずっと着ているもので、汗ジミが酷かったです(写真でみる以上に黄ばんでいました)。今までも漂白剤は使っていたのに、全く取れていなかったことを再認識させられました。
 さすがに捨てようと思ったのですが、オキシ漬けできることを思い出し、チャレンジ。
 特にもみ洗いすることもなく、6時間ほど浸けて、その後洗濯機に任せただけで、黄ばみがほとんどなくなりました。あと1、2回やれば真っ白になりそうです。

スポンサードリンク