オキシクリーンと重曹、買うならどっち?

オキシクリーンと重曹、買うならどっち?

オキシクリーンと重曹、買うならどっち?

 アルカリ洗剤として有名な重曹ですが、同じようにアルカリ洗剤としてメジャーになりつつあるものに「オキシクリーン」があります。
 オキシクリーンと重曹、どちらがおすすめかまとめてみました。

 

アルカリ度合いからみる洗浄能力

 オキシクリーンの成分はこちらにまとめましたが、過炭酸ナトリウムと炭酸ナトリウムになります。これらが主成分ですので、アルカリはpH10.5〜11と高い値を示します。
 反対に重曹はpH8.2であり、アルカリ性は低く、洗浄能力は劣ります。
 ですから重曹はオキシクリーンの代用品とはなりませんし、洗浄能力を求めるのであればオキシクリーンの方が強いです。

 

浸け置き洗いならオキシクリーンが洗浄能力が高い

浸け置き洗いならオキシクリーンが洗浄能力が高い

 浸け置き洗いを前提とすれば、オキシクリーンの方が洗浄能力は高いです。
 シンクであれ、洗濯物であれ、お湯で数十分〜数時間浸け置くことができるのであれば、オキシクリーンに含まれている過炭酸ナトリウムが働き、汚れを分解してくれます
 時間がかかってもいいという方はオキシクリーンやその主成分である過炭酸ナトリウムでの浸け置き洗いがおすすめです。

 

特殊な使い方ができる重曹

 ただし、重曹は水に溶けにくいので、水と混ぜてペースト状にすることができます
 このため、こすり洗いが可能になりますので、例えば焦げをこすって落としたり、茶渋をこすり洗いすることが可能になります。浸け置き洗いができないレンジ内コンロの上などは重曹の方が使い勝手がいいということになります。
 また、アルカリが弱いために身体に使う方もいます。重曹パックや重曹石鹸という使い方もあるくらいです。これらはアルカリが強すぎるオキシクリーンや過炭酸ナトリウムでは到底無理な使い方です。

 

オキシクリーンと重曹ならどちらを買えばいい?

 前述のように、使い方が異なりますのでどちらがいいとは言い切れません。
 オキシ漬けのように浸け置き洗いを前提としているのであればオキシクリーンや過炭酸ナトリウムがおすすめです。
 しかし、こすり洗いを考えている場合には重曹の方が使い勝手がいい、ということになります。
 また、こすり洗いはたまにはやるけれど、基本はオキシ漬けをしよう…という場合には、重曹は食べ物にも使えますので、食品用の重曹を買って、普段はオキシクリーンでオキシ漬け、という使い方も可能です。


スポンサード リンク

関連ページ

オキシ漬けでオキシクリーンが泡立たない!?これをやればオキシクリーンが泡立つ!
中国製のオキシクリーンを購入してしまった、または過炭酸ナトリウムでオキシ漬けをやろうと考えている方で、泡立ちが欲しいという方は「界面活性剤」を加えるという方法があります。やり方を紹介します。
オキシクリーンの代用品ってなに?過炭酸ナトリウムはオキシ漬けの代用品になるの?
オキシ漬けに必要なオキシクリーンですが、周りで取扱店がないという方も多いと思います。 ここではオキシクリーンの代用品をまとめました。
お風呂の残り湯を洗濯物のオキシ漬けに使いたいけど、衛生上どうなの?
洗濯物のオキシクリーンは使えますが、お風呂の残り湯を使うのはどうなのだろう…と疑問に持っている方も多くいらっしゃるようです。 ここではお風呂の残り湯を使うときのコツを紹介します。
オキシクリーンを使うと洗濯物がごわつくって本当?
オキシクリーンも使い方によっては洗濯物がごわついてしまう方もいらっしゃるようです。 ここではごわつきにくいオキシ漬けの方法を紹介します。
オキシクリーンってスプレーボトルに入れて使えるの?
オキシクリーンはアルカリ洗浄ですから、スプレーボトルに入れて使えるのでは?と考えている方もいらっしゃるようです。 オキシクリーンの使い方についてまとめました。
オキシクリーンって他の洗剤や漂白剤と一緒に使えるの?
オキシ漬けをする際の疑問の一つに、他の洗剤や漂白剤は使用すべきなのか、という問題があります。 ここではケース別に使い方を紹介します。
オキシクリーンってワキガ臭にも効果があるの?加齢臭は?
オキシクリーンはニオイを分解する効果もあります。ニオイに強い過炭酸ナトリウムが含まれているためです。
オキシ漬けが効かない!?そんなときには「ハイホーム」
ハイホームというクレンザーの紹介です。
オキシクリーンにスプレータイプがあるって本当!?
オキシクリーンのスプレータイプの紹介です。