シンクでキッチン用品をオキシ漬けする!オキシ漬けの方法・やり方は?

 オキシ漬けで効果があるものの一つがキッチンです。
 シンクにお湯をためて調理器具をオキシ漬けすれば、キッチン用品とシンク両方がキレイになるのでおすすめです。

 

シンクのオキシ漬けのやり方(概要)

 アメリカ製オキシクリーン付属のスプーン2杯分(約226g)をシンクいっぱいの60℃のお湯に溶かし、1時間以上漬け置きます。

 

オキシクリーンはどれを選べばいい?

 オキシクリーンはアメリカ製(箱で売っているもの)がおすすめです。 というのも、界面活性剤が含まれていない中国製のオキシクリーン(丸いプラスチック製のもの)を使った結果、以下のことが分かりました。

・汚れは落ちるが泡立たない
・モノによっては、オキシ漬けの口コミでよく見るような「汚れが落ちた!」という結果が得られない(汚れが落ちるものもある)

 

キッチン用品のオキシ漬けに必要なもの

・オキシクリーン(アメリカ製)
止水フタ(なければビニール袋)
・ゴム手袋(なくても可)・お湯(60℃)

 

キッチン用品のオキシ漬けのやり方(詳細)

シンクを軽く洗う

【オキシ漬け】シンクを軽く洗う

 最初にシンクを軽く洗っておきます。鍋や水筒など、口に触れるものをオキシ漬けするので、あまり汚いとなんとなく嫌ですよね。
 あまり気にされない、シンクではなくタライに水を溜める方は気にしなくてOKです。

 

シンクにフタをする

【オキシ漬け】シンクにフタをする

 シンクにお湯を溜めます。お湯の温度は60度がベストです。オキシクリーン(主成分:過炭酸ナトリウム)の殺菌効果が最も現れるのは50℃前後(40〜60℃)です。60℃のお湯を注ぐことで、漬けている間の温度低下を考慮しても、40〜60℃を保つことができます。
 止水フタがあればベストですが、ない場合には上記のようにビニール袋に水を入れて栓をしても大丈夫ですし、排水カゴにビニール袋を被せても水が止まるそうです。我が家はビニール袋に水を入れました。100均のシリコンの落し蓋でもいけそうですね。

 

シンクにお湯を溜める

【オキシ漬け】シンクにお湯を溜める

 シンクにお湯を溜めていきます。 ビニール袋を使う場合、お湯を溜めながらビニール袋に入った空気を抜き、更にシンクの栓をするとお湯が抜けていきません
 お湯は60℃です。我が家の場合、40数℃までしか出せないので、電気ケトルのお湯を足しました。

 

オキシクリーンを溶かす

 シンクにお湯を張りながらオキシクリーンを溶かしていきます。オキシクリーンはpH10以上のアルカリ性なので、手荒れが気になる方はゴム手袋が必要です アメリカ製のオキシクリーンの場合、界面活性剤が入っているので泡立ちますが、中国製のオキシクリーンは界面活性剤が入っておらず、泡立ちません
 成分として優しいのは中国製ですが、オキシ漬けの場合にはアメリカ製のオキシクリーンがおすすめです。やはり界面活性剤が入っているので、きちんと落ちます。
 以下は中国製のオキシクリーンを使ったオキシ漬けの結果になります。

 

キッチン用品を入れる

【オキシ漬け】キッチン用品を入れる

 キレイにしたいキッチン用品を中に入れます。鉄製、テフロン加工のフライパンなどは塗装がハゲてしまうのでNGです。どうしてもやりたい場合には短時間のみです。
 同じように塗装がハゲるものはNGですし、木製製品も漬けることはできません。
 今回はキッチン用品のみでしたが、例えばタワシや台ふきん、換気扇などもオキシ漬けできます。鍋と一緒にやるのはさすがに気が引けるので、別の機会にやっています。

 

1時間以上待つ

 過炭酸ナトリウムはその特性から6時間以上浸け置きしても効果が変わらず、また30分以上あれば効果があると言われています。1〜5時間程度浸け置きします。
 オキシ漬けの様子は以下のようになります。

1時間後

【オキシ漬け】小さな泡が付いている

 小さな泡が食器類に泡(過酸化水素)が付いています。たまにポコッという音も聞こえます。

4時間後

【オキシ漬け】4時間後も小さな泡が付いている

 まだ泡が付いています

5時間後

【オキシ漬け】5時間後にオキシ漬け完了

 まだ泡が付いています。今回はここで終了です。

 

スポンジで軽く洗って完了

 これらをスポンジで軽く洗って完了です。軽く擦ると汚れが取れます。

 

キッチン用品のオキシ漬けの結果は?

 オキシ漬けの結果は以下のようになりました。

水筒をオキシ漬けした結果

【オキシ漬け】水筒before

【オキシ漬け】水筒after

 中まで洗えているか不安だったためオキシ漬け。パッキンも同様に不安でしたが、茶渋がキレイさっぱりなくなりました。

マグカップをオキシ漬けした結果

【オキシ漬け】マグカップbefore

【オキシ漬け】マグカップafter

 茶渋が取れていないためオキシ漬け。オキシ漬け後、軽くスポンジで洗っただけでキレイになりました。

金網をオキシ漬けした結果

【オキシ漬け】金網before

【オキシ漬け】金網after

 ドライフルーツを作る際に愛用。金網は目が洗いにくいのでオキシ漬けしましたが、オキシ漬け後、軽くスポンジで洗うとキレイになりました。

ケーキ型をオキシ漬けした結果

【オキシ漬け】ケーキ型before

【オキシ漬け】ケーキ型after

 ドライフルーツを作る際に愛用。こびりついた汚れが取れていなかったのですが、オキシ漬けでキレイになりました。

鍋・圧力鍋をオキシ漬けした結果

【オキシ漬け】鍋before

【オキシ漬け】鍋after

 普段はハイホームを使っているのですが、焦げが取れないためオキシ漬け。汚れは取れてはいるものの、ちょっと弱かったです。

スポンサードリンク