オキシクリーンと過炭酸ナトリウム、安いのはどれ?

オキシクリーンと過炭酸ナトリウム、安いのはどれ?

 オキシクリーンの主成分である過炭酸ナトリウムですが、過炭酸ナトリウムそのままで買ってしまった方が安いという場合もあります。
 こちらのオキシクリーン比較より、最も安いオキシクリーンの使い方をまとめました。

 

オキシクリーン・過炭酸ナトリウム単価比較表

 

 

 

 

 

 

- Amazon価格 容量 100g当たりの単価

オキシクリーン
(アメリカ製)

2,500円 4.98kg 50円

オキシクリーン
(中国製)

800円 1500g 53円
過炭酸ナトリウム
430円 1kg 43円
炭酸ナトリウム
540円 1kg 54円

過炭酸ナトリウム+炭酸ナトリウム
(1:1の場合)

- - 49円

【粉末タイプ酸素系漂白剤】
ワイドハイター

2,300円 3.5kg 68円

【粉末タイプ酸素系漂白剤】
パックス 酸素系漂白剤

460円 430g 107円

 

おすすめは過炭酸ナトリウム

 上記の表のように、単価が最も安いのは過炭酸ナトリウムになります。ですから、なるべく単価を抑えたい場合には過炭酸ナトリウムのみがおすすめです。
 ただし、過炭酸ナトリウムのみの場合には泡立ちませんので、インスタ等SNSでよく見かける泡立ちのいいオキシ漬けはできません。界面活性剤が含まれていないためです。
 泡立たせるためにはこちらにも書きましたように中性洗剤を加えるのがベストです。

スポンサードリンク