洗濯槽をオキシ漬け!?洗濯槽の掃除もオキシクリーンでできる!やり方は?

 オキシ漬けはキッチンだけではなく、風呂場や洗濯槽の掃除にも使えます。
 今回は洗濯槽の掃除についてまとめました。

 

洗濯槽のオキシ漬けのやり方(概要)

 オキシクリーン付属のスプーン5杯分(約565g)を洗濯槽いっぱいのお湯(40〜50℃)に溶かし、3時間以上漬け置きます。
 過炭酸ナトリウムの場合は300〜400gになります。

 

オキシクリーンはどれを選べばいい?

 洗濯槽の汚れはシンクの汚れと違い、カビなどが原因で油汚れはありませんので、中国製のオキシクリーンでも、過炭酸ナトリウムでも可能です。

 

洗濯槽のオキシ漬けに必要なもの

・オキシクリーン(中国製、アメリカ製でも可。過炭酸ナトリウムでも可)
・40℃以上のお湯(風呂の残り湯でもOK)
湯垢ネット

 

洗濯槽のオキシ漬けのやり方(詳細)

洗濯槽にお湯を入れる

 洗濯物も何もない状態の洗濯槽にオキシクリーンと40℃以上のお湯を入れます。お風呂の残り湯でOKです。
 洗濯用ポンプがあると便利です。

 

満水になったら1分撹拌する

 風呂水がいっぱいになったら1分撹拌します。

 

3時間以上浸け置きする

 3時間以上置いておけば洗濯槽の汚れが浮いてきます

 

汚れを取る

 浮いてきた汚れを湯垢ネットなどで取ります。専用のものがなければ、浴室のなどを使っても取ることができます。
 汚れが取れればオキシ漬け完了です。夜寝る前にオキシクリーンを入れて、朝起きたらオキシ漬け完了、というのがスムーズな流れだと思います。

 

洗濯槽のオキシ漬けの結果は?

【オキシ漬け】洗濯槽after

 洗濯槽のオキシ漬けの結果として、やはりゴミが浮いてきました。量は思っていたより少ないですが、これは元々洗濯槽の掃除が好きでやっていたためだと思います。
 オキシクリーンで洗濯槽の掃除をされている方の中には、もっと汚れが取れている方もたくさんいらっしゃるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク